俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

逃ぐるよりパンくず咥ふ巣立鳥

作者 綱子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雀が何羽かパンくずをついばんでいるところへ通りかかりました。私が近づくと、大人の雀はすぐに飛んで逃げ、黄色い嘴の子雀は、嘴がしっかり閉じられないほど大きなパンくずをまずくわえて、それから大人たちが飛んでいった方角へ逃げていきました。

最新の添削

「逃ぐるよりパンくず咥ふ巣立鳥」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
僭越ながら、、

青蛙の句では、他の方々の大賛辞と違うコメントをしまして、申し訳ございません。
学ぶは真似ぶと言いますので、芭蕉の句だかを真似ることは、悪いことではないですよね。失礼しました。(礼)
さて、冗談はさておき、
◆逃ぐるよりパンを咥ふる巣立鳥
◆逃げるよりパン頬張って雀の子
としました。
本句は、口語調で勢いを出したいと、私は思います。
それと、咥ふは、咥ふるが正しいのではないでしょうか。自信今一ですが。
巣立鳥は、雀に限定されないと思いますので、素直に雀の子(春)でいいのでは。
屑としなくても、小雀ですのでまさか一枚咥るとは、誰も思わないと信じましょう。
咥えると頬張るの違いもご検討ください。
後は、オリジナルの句に、ご自身で推敲なさってください。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月天心十三代目の分家とは

作者名 おかえさき 回答数 : 2

投稿日時:

春光やゴールドジムとミスベラム

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

愛深し暗夜桜に霊夢とチュウ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『逃ぐるよりパンくず咥ふ巣立鳥』 作者: 綱子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ