俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

青桐や万年筆の書き心地

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします。

最新の添削

「青桐や万年筆の書き心地」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。この句いいですねえ。
青桐と万年筆が風情としてマッチングしますね。
下五書き心地と置くか、最初まよったのですが、するっするっと書き心地のいい感じが、より青桐のすがすがしさと相まっているのだと思います。客観と主観の親和性というのでしょうか。グッドです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「青桐や万年筆の書き心地」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

これは文句なくいい句ですね!ブラボ!
青桐の奇麗な幹の感じ、大きな葉の力強さ、が万年筆とそれを使う人物の想像を膨らませます。

書斎から見える庭の青桐、文豪か詩人か。万年筆で書く作品の捗っている様子。

そんなものが一気にイメージできました。窓からそよぐ風も気持ちよさそう。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「青桐や万年筆の書き心地」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

さつきさんこんにちは!
これは中々当たりな句だと思います!青桐と万年筆っていうのが渋さで響きあっており、壮年のお方が文を書いている雰囲気を感じました。

ただたーとるQは、もう少し万年筆を持ってる人に勢いが欲しい気もしました。「書き心地」っていうのがちょっと安牌さを感じてしまうんですよね。
・青桐や万年筆を走らせて
・青桐や万年筆の書き応え

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「青桐や万年筆の書き心地」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

この句は悪くないですね。
理由を考えていたのですが、やはり俳句というものは「良い句は理屈ではない」としか言えない感じでした。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

イラン火場と米下在らんとすつらら火場はヒバと詠みます

作者名 宴·輝和 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

太陽をゆりの木の花隠してる

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

詠む雪や都会の雪と窓の雪

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『青桐や万年筆の書き心地』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ