俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

仮の居に溜息いくつ寝正月

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

僕の地元近くで、去年の梅雨時期に山津波による土石流が発生しました。
知人に仮設住宅に避難している人が少なからずいます。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「仮の居に溜息いくつ寝正月」の批評

回答者 腹井壮

西村敏彦さん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

原句を詠んで正月なのになんらかの事情(急な出張等)で家に帰れなかったサラリーマンを詠んだのかと思いました。
原句のままだと句意が伝わり辛いし俳句として詠む内容としてはあまりにも寂しすぎます。

自分が仮設住宅の正月を詠むなら

仮設屋に届いてをりぬ年賀状

とします。

ちなみに最近の俳句や川柳の傾向として内容によっては「仮設」だけでも仮設住宅と解釈するようです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

満月を浴びて甍の光りをり

作者名 ケント 回答数 : 3

投稿日時:

思い出を壊すキャタピラ能登の春

作者名 竜子 回答数 : 8

投稿日時:

カモシカのしばし見つめる木芽かな

作者名 負乗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『仮の居に溜息いくつ寝正月』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ