俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落花や看板娘が跳ねて追ひ

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

看板娘で詠んだ句がいくつかあります。そのうちの一つです。

最新の添削

「落花や看板娘が跳ねて追ひ」の批評

回答者 三角すい

鳥越暁様。こんにちは。大あくびの句のコメントありがとうございました。春の月は朧なので水っぽい語意みたいです。大あくびの丸な感じが春の月に見える擬人のつもりでした。説明したらもとも子も無いですが参考まで☺掲げくは猫だったんですね😱📐

点数: 1

添削のお礼として、三角すいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「落花や看板娘が跳ねて追ひ」の批評

回答者 まちる

葉桜、、、へコメントありがとうございます。
ごめんなさい、結論から言うとちょっと違いまして、、、完全に私の書き方が悪かったです。
雨雫が眼鏡に落ちてかい水滴になって眼鏡のレンズについてる場面でした。
花びらが眼鏡に張り付くのは面白いです。それも一句できそうです(笑)

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ねぎ抱え平凡な日々続いてく

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

オリオンの少し傾ぎて露天の湯

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ティファールの滾る七月尽の小夜

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落花や看板娘が跳ねて追ひ』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ