俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

卒業子考妣に垂るる頭あり

作者 紀州鰹節  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

幼くして両親を病気で失った子が、中学卒業式で両親に感謝して頭を下げている様を詠んだものです。

最新の添削

「卒業子考妣に垂るる頭あり」の批評

回答者 04422

紀州様こんにちは!コメントありがとうございます。夏蜜柑は夏の季語です。
もう夏蜜柑がでわまっています。そぉをくみどっていただければ良いと思います
葱坊主様の意見を参照してください。今後もよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「卒業子考妣に垂るる頭あり」の批評

回答者 04422

紀州様おはようございます!コメントありがとうございます。
ご質問あります。教えてください。何処が誤読されているのでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新緑や枝葉の隠す避難道

作者名 白井百合子 回答数 : 6

投稿日時:

モルドバの子らが笑顔の炭団玉

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

葛折りサイドミラーへ夏の山

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『卒業子考妣に垂るる頭あり』 作者: 紀州鰹節
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ