俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜜蜂を誘うは君か菜の花か

作者 抱きたがりかずほ  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

黄色が似合う笑顔の素敵な女の子に会いたいと思う気持ちを句にしました。
蜜蜂が菜の花に誘われるように僕も君に惹かれて仕方がないという意味を込めました。

最新の添削

「蜜蜂を誘うは君か菜の花か」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます🎵はじめまして✨かぬまっこと申します✨
擬人化ですね。敢えて季重なりをしたのですね。恋の句でもありますね。私なら

🔷蜜蜂を誘ふは君の香りかな

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ところてん透けて茜の陽は落ちる

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

紅梅や奥に野点の緋毛氈

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

亀のごとからだ潜らすこたつかな

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜜蜂を誘うは君か菜の花か』 作者: 抱きたがりかずほ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ