俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初めての道たまさかに春の富士

作者 土屋 羊子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝の散歩 突然の富士山に驚きつつ、得した気分🙌
早起きは三文以上の得でした。

最新の添削

「初めての道たまさかに春の富士」の批評

回答者 04422

土屋様こんにちは!花冷えを通り越して寒の戻りの一日です。たまさか難しい言葉ですね。そして春の富士に出会えるとは葱坊主様が申したように良いところにお住まいですね。桜即ち花の季語歳時記で調べてください。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

桜より君君より桜と紅花のほう

作者名 はづきまる 回答数 : 2

投稿日時:

布団干し寄りぬ雀の一羽二羽

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

書初の墨なじみたる手漉紙

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初めての道たまさかに春の富士』 作者: 土屋 羊子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ