俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春うららきらめく波の松島や

作者 のんき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

滝廉太郎の「花」と松尾芭蕉の松島の一句をイメージして詠みました。
汎用性の高い「うららか」から一部を使い、「春うらら」としてみました。
意味合いは、「春一番が通りすぎ、桜も散っていよいよ夏になろうかという穏やかな陽気の松島の海の波に、光が反射して煌めいて、美しい光景なと思った心情」ということです。

最新の添削

「春うららきらめく波の松島や」の批評

回答者 腹井壮

のんきさん、こんばんわ。

切り取った景はいいですね。

松島の波の煌めき春うらら

上五の切れと下五の切れ字はバランスが悪いので調整しました。

参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

藤の花陽射し織りなす薫かな

作者名 博充 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

灯り消すことも忘れず月見酒

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

枯蓮さもありなんとふと思ふ

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春うららきらめく波の松島や』 作者: のんき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ