俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ポッケよりのぞくリボンやクリスマス

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「の」で切るか「や」で切るか迷いました。最初「ポッケから」としましたが「ポッケより」に直しました。

最新の添削

「ポッケよりのぞくリボンやクリスマス」の批評

回答者 腹井壮

度々、お邪魔します。
自分も確かにハオニーさんと同じ意見です。しかしフェイスブックの俳句サークルの管理人さんに「の」は切れ字だと断言されている方がいました。そのせいかそのサークルのメンバーの数人が「の」は切れ字と仰っております。
おそらく、芭蕉の「用いる時は四十八字皆切れ字なり」や

大寒の一戸も隠れなき故郷

は上五で切れているとか

三月の甘納豆のうふふふふ

は中七で切れている

なんていう事を有名な俳人達が解説しているからだと思います。

切れのない俳句を俳句と思っていないので自分としてはどうでもよい話ですが現代俳句の一つの考え方ではないでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ポッケよりのぞくリボンやクリスマス」の批評

回答者 ハオニー

「の」で切るか「や」で切るか迷いました、という真意は分かりかねますが...
切れをつくるなら「や」です
「の」で意味上の切れをつくることはできません
「の」は基本的に、下へ意味が続くときに使う助詞です

ポッケよりのぞくリボンのクリスマス
とすると、「リボンのクリスマス」という不思議な言葉の意味が分からないまま終わります

「のぞく」は少し気になります
「覗く」と「除く」が考えられ、ひねくれものが「除く」の解釈を作り上げてしまう可能性もあります
ひらがなで書いた方が優しい感じがするもので、漢字で書いたほうが字面が浮き出てくるときが多いのです
表記については、実際にいろいろ試してみないと一番近いところが分かりづらいものです

私はこれがいいと思いました
ポッケより覗くリボンやクリスマス

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「ポッケよりのぞくリボンやクリスマス」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、こんばんわ。

「や」で切って正解だと思います。ひらがなとカタカナだけの表記も効いています。
内容もシンプルだからこそ読み手の想像を刺激します。ワタクシはこのままが好きです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

嬰児の枯葉さくさくママにこり

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

たんぽぽの踏まれてもなほ踏まれても

作者名 おかえさき 回答数 : 15

投稿日時:

飛び入りや吾子を背中に盆踊り

作者名 おかえさき 回答数 : 12

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ポッケよりのぞくリボンやクリスマス』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ