俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

酒息の紫煙貫く朝時雨

作者 寒月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

腹井荘さま、かまぬっこさま、唯我独善さま、いつもいつもご採点ありがとうございます!おかげさまで、イメージをもっと的確にしなければ、と思い悩みつつ、皆様にいただきましたアドバイスを基に、日々頑張っております。

今回の句は多少ウザいかなと。あと、キザさが無粋といえる句かなぁと。ご気分を害してしまった方おられましたらすみません!悩みもしましたが、皆様のご意見がモチベーションでもありますので、是非ともご意見伺ってみたく、投句しました。よろしくお願いいたします。

最新の添削

「酒息の紫煙貫く朝時雨」の批評

回答者 腹井壮

山田さん、こんにちわ。お久しぶりです。

この句は「酒を飲んで煙草を吸った。朝の時雨だった。」という内容ですが俳句というよりどこか演歌の歌詞を彷彿とさせます。
どこに俳句としての詩性を見出だすかが難しいですね。再度、季語を含めて言葉の斡旋を再検討されるべきと思います。
お力になれず申し訳ありません。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「酒息の紫煙貫く朝時雨」の批評

回答者 04422

山田様初めまして。千日草と申します。
紫煙貫くが強すぎる感じがします。春時雨ですので少し柔らかく表現したらどうでしょうか?
酒息の紫煙消えゆく朝時雨
意に添わなかったらごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

こち亀を全巻読破なつやすみ

作者名 つちや郷里 回答数 : 4

投稿日時:

百八の煩悩数えし初昔

作者名 すがりとおる 回答数 : 2

投稿日時:

いなだはまち様ピンクよっちゃん様

作者名 三男 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『酒息の紫煙貫く朝時雨』 作者: 寒月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ