俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

立春の鳩の啄む大豆かな

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、こんばんわ。いつも御世話様です。

季語違いですが正木秀幸さんの先行句がありましたので応募を取り止めた句です。良くある事とはいえ我が身の発想の甘さを痛感させられます。
という事で敢えて恥を晒してみました。
皆様の御意見や添削をお待ちしております。

最新の添削

「立春の鳩の啄む大豆かな」の批評

回答者 吉田一音

腹井壮様 いつも添削をいただきまして有り難うございます。

「声援に」の句に頂いた添削がとても良いです。 気に入っています。有り難うございます。 まず、お礼まで。 一音

点数: 1

添削のお礼として、吉田一音さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「立春の鳩の啄む大豆かな」の批評

回答者 04422

腹井壮様こんばんは!いつも懇切丁寧な添削指導ありがとうございます。何とも言えない微笑ましい心温まる句ですね。いつかこのような句が詠める時が来るでしょうか?
小生の句はうどん屋の匂いと思てっていたところ傍に大きな梅が八分ほど咲いていて思わず梅の匂いに気付いたという場面です。説明不足ですみませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「立春の鳩の啄む大豆かな」の批評

回答者 北あかり

腹井壮さん
こんばんは、北あかりです。
昨日は鈴木牛後さんのことを教えていただき、
ありがとうございました。
恥ずかしながら、全く存じ上げませんでした。
いくつか作品を読ませてもらいました。
正直、私は巧妙な俳句や賞を取ったような俳句は、未熟というよりは無知ゆえにその世界観が全く分からないことがほとんどです。
しかし鈴木牛後さんの句は世界観が私にも理解できました。
生活の糧の中で、俳句を楽しみながら詠まれているのを感じました。
ありがとうございました。
またご指導、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「立春の鳩の啄む大豆かな」の批評

回答者 たけたけ

腹井壮様
いつも添削をありがとうございます。竹内です(*^-^)
主人のことや句会のことも気にかけてくださって、ありがとうございます。
新薬がすぐに効くといいのですが…。

私も「春空」とで季語を迷ったのですが、今日はくっきりふっわふわの雲がぽっかり浮かんでいて、そのイメージが強く、対比のことも考えて句が広がるかなと思って「春雲」を選びました。
でも、やっぱり「春空」は飛べなかった雛鳥への気持ちも入っていて、きれいで切なくていいですね✨

腹井壮様とは違う理由ですが、「春雲」にしたとき、最初「あれ?墓となんだか、つきすぎかな?」って思って、なんでかな…としばらく考えると線香のブランド名(○雲)のイメージだと気づいて一人で笑ってました😹

春の季語、たくさん覚えたいです😃
俳句、楽しいですね。

こちらの句は、季語違いとのことですが「立春の鳩」がとても合っていると思いました。
下五の「大豆かな」で余韻と可愛らしさが強調されていて、私もこういうささやかな光景を切り取って可愛いものは可愛らしく、美しいものは美しく、無理なく詠めるようになりたいなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

インカメラで写すクリスマスローズ

作者名 あかり 回答数 : 2

投稿日時:

黒き絵馬涙に滲む自死の文字

作者名 白南風や 回答数 : 2

投稿日時:

冬木立老いても愉しむうちが華

作者名 笙染 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『立春の鳩の啄む大豆かな』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ