俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新聞のページ破れて雨蛙

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先は破れた、でも雨蛙はないている。

最新の添削

「新聞のページ破れて雨蛙」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。

「新聞破れ」と「雨蛙」との取り合わせが奥ゆかしいですね。
まずは秀句との感想です。

その理由は。
読者の想像の余地がたっぷりある。

雨蛙について思うこと。

環境問題で住みにくくなったのがかわいそう。改善してあげようね。

雨を告げてるな!嫌だなあ色々予定があるのに。

破れた新聞。
まだ読むところがたくさんあるのに誰だ破ったのは。

うまく繕えば修復できそう。

結論を言えば環境改善への期待と修復が響きます。

長々とすみません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「新聞のページ破れて雨蛙」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

シゲさん、こんばんは🙂
お世話になります。

この句は、とてもセンシュアルであるし、意味深な感じもして、何か好きですね!
"何か"の何かは、分からなくても良いか…

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大きさを競ふ四葩や同じ株

作者名 かこ 回答数 : 1

投稿日時:

初夏や超特急に手をふる子

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

舌先の氷宇宙の魔法かな

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新聞のページ破れて雨蛙』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ