俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

嵐明けそよぐ黄金の稲穂かな

作者 浜 海風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はじめての投句です。よろしくお願い致します。

最新の添削

「嵐明けそよぐ黄金の稲穂かな」の批評

回答者 塩豆

どうも始めましてです!塩豆と申します。
いくつか弱点があるもののこの俳句はシンプルで美しく、また、かな終わりもとても効果的と思います。直すところがあるとすれば「黄金」というややありきたりな表現と、説明的である上五の「嵐明け」でしょうか。嵐が通った痕跡を景色として表すことができればこの俳句はさらに良くなることでしょう。こんなことを言っておきながら私も最適な添削は思いつきませんが、こんなのも一つありかもという一句です。

しつかりとそよぐ稲穂の結ばるる

かな終わりを断念したのは口惜しいですが嵐が通ったことを示す風景は入れることができました。

点数: 2

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

布字いくど禅語をしかと秋灯下

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

寄せ鍋で世間の寒さ吹き飛ばし

作者名 会田美嗣 回答数 : 1

投稿日時:

風薫るミットを揺らす破裂音

作者名 松崎文哉 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『嵐明けそよぐ黄金の稲穂かな』 作者: 浜 海風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ