俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

切株も黄橙色の柚子古木

作者 鴨長迷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

白い花、夏の木陰、そして実をつけ、1年の全ての役割を終えた柚子の古木が切り倒されました。翌朝側を通り気付いたのは、その切り口が蜜柑色なのを初めて知りました。

この色で切られた柚子が生涯最後の何かを訴えているように思いました。
語彙不足の私にはどうしても表現が出来ません。

最新の添削

「切株も黄橙色の柚子古木」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。
いつもありがとうございます。🙇
俳句は、作者が好きに作句すればいいと思います。しかし、衆人の前に晒すことにより、作品としての「評価」の洗礼を受けることになります。読み手は、勝手に色々想像を 脹らませて、何がしかの「評価」を下します。共感、あるある感、自身の体験とダブらせる、奥行きを感じる、いい匂いや景色が広がるなど、評価の基準は人それぞれですし、読者に選択権があります。
その上で、本句の感想は、上記のどれにも当てはまらないと感じます。物や季語に託す前に、前情報なしに第三者の目で、自身の句を読み返してみることをお薦めします。最低限の説明は必用です。絵としての事実のみを伝えるならば、写真が勝ちです。とおもいます。🙇🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「切株も黄橙色の柚子古木」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃この句の季語は柚子ではないですよね。柚子古木ですよね。
だとしたら季節は秋ではなくて冬になるのでしょうか❔

🔷切株は黄橙色柚子枯木
 
では、どうでしょうか❔枯木が冬の季語です。

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

サボテンの親に背負う子歩哨かな

作者名 胡 秋興 回答数 : 1

投稿日時:

兄の背に父重なるや時雨傘

作者名 マサト 回答数 : 5

投稿日時:

渡り鳥方向音痴の混じる群れ

作者名 ダック 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『切株も黄橙色の柚子古木』 作者: 鴨長迷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ