俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蹲に一枝浮かぶ寒椿

作者 大浦美津子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蹲に入れたのか、落ちたのか、一枝寒椿が浮かんでいる。
一枝を一花としたかったのですが。静かな雰囲気の中の赤い椿を強調したいのですが。

最新の添削

蹲の水面に映る寒椿

回答者 よしはむ

おうちゃん蹲にさん、こんにちは。
蹲とは珍しい物を題材にされていますね。
蹲とは日本庭園の添景物の一つで、露地(茶庭)に設置された手を清めるための手水鉢です。

句の印象としまして、『一枝浮かぶ』だと、寒椿の木の枝が浮かんでいるような誤解を与えてしまうと思います。蹲は小さい手水鉢ですので、これだとあまり趣がありません。
そこで、月並みかも知れませんが、

蹲の水面に映る寒椿

としてみました。

点数: 2

添削のお礼として、よしはむさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

あまおうをほおばる孫の顔可愛

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

青い眼の日傘の多き浅草寺

作者名 さつき 回答数 : 4

投稿日時:

薔薇のアーチ三角屋根に汐の風

作者名 村山陽子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蹲に一枝浮かぶ寒椿』 作者: 大浦美津子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ