俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

曇天に鳥行きかへる躑躅かな

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

曇り空に鳥たちが飛び交っている下につつじが咲いていました。

最新の添削

「曇天に鳥行きかへる躑躅かな」の批評

回答者 イサク

おはようございいます。

御句、以前博充さまが出した「曇天に諸鳥飛ぶや春深し」の
◆提案句「曇天を鳥行き交へり春の暮」
◆その時に出した「季語はいろいろ試してみてください」というコメント
ほぼそのままですね。

取り合わせとしては「躑躅」良いと思います。躑躅は一般的に低木で空を見上げないので視線の上下が忙しいことが気になるかどうか、くらいですが、良いと思います
前の「春深し」よりも映像を感じます
前半はほぼ私の出した形でコメントしづらいです(笑)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨深しレンガ倉庫の色増して

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇

作者名 金太郎 回答数 : 3

投稿日時:

街騒をかき消す春三日月かな

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『曇天に鳥行きかへる躑躅かな』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ