俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初電話初孫知らせ胸躍る

作者 中里 敏  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句を初めて作りました、単純に平凡に気持ちのままをと、ただそれだけで俳句と言えるのかどうか、全くわかりません。

最新の添削

「初電話初孫知らせ胸躍る」の批評

回答者 世良日守

中里敏様
こんにちは😃世良日守と申します。宜しくお願いします!
「初孫知らせ」「胸踊る」とおめでたい新年の季語初電話は少し取り合わせとしては目出度さでギラギラしているかな...と思います😊
初孫の生まれし夜の初電話

点数: 0

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初電話初孫知らせ胸躍る」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。よろしくお願いいたします。🙇
染乃助、染太郎の乗りで、「おめでとうございます~!」こいつぁ春から縁起がいいねぇ~!で、こんな添削句。
◆オレオレと初孫知らす初電話
胸は、勝手に踊りますよ!🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鎖場を踏破して立つ夏の山

作者名 04422 回答数 : 9

投稿日時:

霊峰の左右に日月八月尽

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

青黒く指さき腫れて水草生ふ

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初電話初孫知らせ胸躍る』 作者: 中里 敏
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ