俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

芹の根や嚙むほど浮かぶ母の顔

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

芹根を食べ香りも強く、歯ごたえのもあり食べていると昔母が作ってくれた料理を思い出しました。

最新の添削

「芹の根や嚙むほど浮かぶ母の顔」の批評

回答者 慈雨

博充さま、はじめまして。初心者ですが、よろしくお願いいたします。
御句拝読しました。芹のお料理、慣れ親しんだお母様の味付けがあったのだろうと想像できる、優しい句ですね。

お母様は故人でらっしゃるという理解でよろしいでしょうか?
(一応、その前提でコメントさせていただきます。もしご健在でしたら深くお詫び申し上げます)

気になったのは、上五を「や」の切れ字で切っているため、ここで場面転換がされると思うのですが、中七でまた「(芹の根を)噛むほど~」という、芹の根の情報が続いているところです。上五を「や」で切るなら、中七下五は芹からは一旦切り離した措辞が良いかと思いました。

具体的には、「噛むほど」は省略できると思います。「噛むほど」と言わなくても読者は「芹の味や香りでお母さんを思い出しているんだな」と想像できると思うので。
そこを省略して、お母様についての何か別の描写にあててはいかがでしょうか。

たとえばですが、
・芹の根や母の歳まであと十年
・芹の根や写真の笑う母の顔
・芹の根や厨(くりや)に残る母の皿
・芹の根や母には及ばぬレシピ本
など。あまり上手くありませんが…参考程度にご笑覧ください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「芹の根や嚙むほど浮かぶ母の顔」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

博充様。こんばんは
御句拝読いたしました。
博充さまがコメントで言われたように、芹根を使えば四音使えます。

▪芹根食む放つ香りの母の顔
芹根の料理を食べると香りを放ち、母を思いだす。母の料理もう一度食べたいな〜
そんな思いで詠みました。
また、宜しくお願いいたします。

指摘事項: 字余り 字足らず 新旧仮名遣いの混用

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海見えて遠足の列乱れけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

欲しきもの多くあり過ぐ師走かな

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

秋夜長焼きおにぎりの夜食かな

作者名 水越里絵 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『芹の根や嚙むほど浮かぶ母の顔』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ