俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

干したシャツ冬日に揺るる結跏趺坐

作者 おつね  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

座禅をたまにする。坐禅堂にいく機会もないので、拙宅の隅に追いやられて無理無理の場所を確保している。べランドに干した洗濯物がいつも目に着く場所が最近は定位置になっている。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「干したシャツ冬日に揺るる結跏趺坐」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

おつね様こんばんは。
御句、結跏趺坐が揺れていると誤読されると思います。
揺れているのは干したシャツですから、語順を変えました。

干したシャツ揺るる冬日の結跏趺坐

因みに季語は当季語をおすすめします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「干したシャツ冬日に揺るる結跏趺坐」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

おつね様、
再びお世話になります🙂

「揺るる」の連体形が、どうですかね…
どうしても下五に係るので、揺れているのが、結跏趺坐中の作者だと読めなくもないです…
"冬日に揺れているシャツ"は、干してあるに決まってますから「干した」は要りませんかね…(着ているシャツ…?座禅中に…それはヘン)
あとは文語ですかね。
「干した」は口語なので、ここは「干しし」か「干せる」でないと。
「干ししシャツ冬日に揺れて結跏趺坐」
「干せるシャツ冬日に揺るる結跏趺坐」
(読み返すと、そんなに連体形も気にならなくなりました😄」
「干した」を除くと、
「結跏趺坐冬日にシャツの揺れてをり」
(切字、二つになりますか…中七以降が何かヘンですね…)

上手く提案句、纏まりません…
どなたかお願いします🙇

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月明かり影を踏み踏みおにごっこ

作者名 若草あやめ 回答数 : 4

投稿日時:

奥山の装い告げるJR

作者名 いなだはまち 回答数 : 10

投稿日時:

野良着の綻びや禾すなはち登る

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『干したシャツ冬日に揺るる結跏趺坐』 作者: おつね
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ