俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

京の冬的の裏には鬼の文字

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

京都の行事。
鬼をカギかっこにしたかったのに、やり方わからなかった。😭

最新の添削

「京の冬的の裏には鬼の文字」の批評

回答者 こま爺

こんにちは。

おっしゃる通りストレート過ぎますね。とにかく地震の不幸についてそのまま気持ちをぶつけただけ。めいさんのご指摘鋭いと思います。

さて、御句ですが、鬼の文字は意味ありげな措辞で何かを想像させます。

ただ、京の冬はまさに時候を指しているわけですが、そのあとに来るのは的、すなわち京で行われる弓の試合という土地柄の記述ですので、冬の京と逆にするのが適していると考えます。

”冬の京的の裏には鬼の文字

よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

くゆらせる爺の一服秋の空

作者名 しお胡椒 回答数 : 1

投稿日時:

窓越しの陽が良き日向去り難く

作者名 移山子 回答数 : 2

投稿日時:

恋猫やヘッドライトに目の光る

作者名 そうり 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『京の冬的の裏には鬼の文字』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ