俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新宿二丁目烏瓜の花

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この句は新宿二丁目の姉さん(お兄さん?)の化粧の上からヒゲが飛び出し始める時間と烏瓜の花から糸のような物を吐き出す時間がほぼ同じだという事に気がつき取り合わせてみました。

内容もさる事ながら名詞二つだけで構成されたキワモノ俳句です。

俳句と呼べるのかすらわかりません。

夏井センセも匙を投げそうな句ですが皆様の添削や御意見宜しくお願い致します。

最新の添削

その他の添削依頼

サバイバルゲームのごとき霰かな

作者名 ささゆみ 回答数 : 0

投稿日時:

秋の月中国滅ぼす冷たき声

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

スウイングのベースに釣瓶落としかな

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新宿二丁目烏瓜の花』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ