俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木陰より吾を見つめたる雪兎

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

うさぎが可愛かった

最新の添削

「木陰より吾を見つめたる雪兎」の批評

回答者 秋恵

あらちゃんさま
コメント有り難うございます!
理解して頂いた通りの意味です。
今年の気候には
ほとほとうんざりです!

あら!
可愛らしぃ兎サンに出会えて
良かったですね!
写真撮れたかな?
又、宜しくお願い致しまーす!!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「木陰より吾を見つめたる雪兎」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 こんにちは
お世話になります。
雪兎は雪だるまの傍題で雪で作ったうさぎことではありませんか?
誰かが作った雪兎を見たということでしょうか?
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「木陰より吾を見つめたる雪兎」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 再訪です。
拙句のコメントありがとうございます。
ご提案も良いですね。ありがとうございます。
御句の
北海道ではゆきうさぎは季語として成り立つかもしれませんね。
俳人の宮坂静生氏は地方の独特の季語があっても良いと述べています。
あらためて
木の陰のゆきうさぎに会いにけり
カタカナよりひらがなの方が良いと思います。
カタカナは学術的に使いますので。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「木陰より吾を見つめたる雪兎」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさま
こんばんは、お世話になります。御句、いいですね、本当の雪うさぎではなく、うさぎの体の部分を雪で作り、南天の実で赤い目を、葉で耳を作ったものですかね?すぐに映像が目に浮かびました。恐れながら、提案句を…。『雪兎吾が見つめたる木陰から』あらちゃんさまが雪兎を見つめているというふうにしてみました。句意にそぐわなかったらごめんなさい🙇

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

俳壇の末席を得る褥暑かな

作者名 腹井壮 回答数 : 4

投稿日時:

長き夜や命の音を聞いている

作者名 もんこ 回答数 : 4

投稿日時:

ぎこちなき相合い傘の春彼岸

作者名 藤井茂 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木陰より吾を見つめたる雪兎』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ