俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬鳥の二羽の遊びに歩の緩み

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鳥の名前は分かりません。二羽が恋している二人のように戯れていました。

最新の添削

「冬鳥の二羽の遊びに歩の緩み」の批評

回答者 卓鐘

こんにちわ

一瞬いい句!と思ったのですが、下五「歩の緩み」は作者がってことですね。そうなると、「冬」も動きそうだし、「遊び」の擬人化がういてしまいますし、下五も因果で結びついちゃいますね。(冬の鳥が2話戯れてた(ので、かわいらしくてついつい)ゆっくり歩いて見ていました。みたいに。)

冬鳥の二羽戯れの歩の緩み
と冬鳥の描写に徹していたらいい句なのになぁと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬鳥の二羽の遊びに歩の緩み」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

こま爺さま
冬鳥、寒い中で見るとなんとなく嬉しい感じがしますよね。私もついこの間、孫の七五三で某庭苑で撮影をしました。その時に孫が冬鳥を見て嬉しそうでした。庭苑のお茶や茶菓子も飲んだりしたかったな、孫は茶席をスルーし、自販機でミルクティーをねだられました💦

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬鳥の二羽の遊びに歩の緩み」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
俳句ポスト新酒の入選おめでとうございます。
映像が立って佳い句ですね。
御句は
遊び、歩の緩みとなにか漠然としてしっくりきませんでした。
冬木立影の重なる二羽の鳥
下手ですが、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二の腕の白きところや更衣

作者名 感じ 回答数 : 1

投稿日時:

向日葵や雌ライオンの丸き足

作者名 井上れんげ 回答数 : 8

投稿日時:

風鈴の力の抜けし音のあり

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬鳥の二羽の遊びに歩の緩み』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ