俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

街灯下穏やかに散る牡丹雪

作者 みちのく  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは、いつもお世話になっております。
「街灯下」についてですが、暖かい色の街灯の下に降っている雪が明らかになっているので、それを取り上げたいと思いましたが、より綺麗な表現もあるはずです。
(「明かり中」なども思い浮かびましたが、中々難しかったです。)
また、「降る」というより、桜が舞い散るように雪が落ちたので、それも伝えたいと思いました。

最新の添削

「街灯下穏やかに散る牡丹雪」の批評

回答者 竜子

みちのく様 おはようございます。
初めましてよろしくお願いいたします。
街灯の明るさに降る雪が綺麗ということですね。
街灯の降る牡丹雪あらわなり
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「街灯下穏やかに散る牡丹雪」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

みちのく様、初めまして。

やはり「街灯下」に、説明感がありますね…
思いきって単純に、「街灯や」で良いかと…
「街灯や穏やかに散る牡丹雪」

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「街灯下穏やかに散る牡丹雪」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

情景はよく伝わりますが、俳句は心象を表に出さない、少しの無駄も避けるという大事な原則を外しておられます。穏やかと言わず穏やかを描く、散ると言わなく散るを表現すること。

牡丹雪と街灯だけでは15音を埋めにくいのだ比喩を使い星を登場させてましょう。

”街灯に牡丹雪の星点々

よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

じゃあまたねは最期のことば秋の空

作者名 おかえさき 回答数 : 7

投稿日時:

黄落の小径鮮やか足軽く

作者名 水越里絵 回答数 : 2

投稿日時:

母握る爆弾むすび運動会

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『街灯下穏やかに散る牡丹雪』 作者: みちのく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ