俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

追い駆けた鳥の想いを訪へて千年も懸けば叶ひもこそ

作者 鳥詩  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

AIRというゲームの句を作りました。
原文:追(お)い駆(か)けた鳥(とり)の想(おも)いを訪(とぶら)へて千年(ちとせ)も懸(か)けば叶(かな)ひもこそ
直訳:追い駆けた鳥の思ったことを探し求めて、千年も懸かれば見つかるかも
意訳:(神奈備命の次の生まれ変わり視点で)追い駆けた鳥(神奈備命)の想い(呪いを解く方法)を訪へて(一所懸命に探し求めて)千年も懸けば叶ひもこそ(千年後ぐらいの私たちなら出来たかも知れない)
意訳2:神奈備命の生まれ変わりが自身の呪いを解く方法を千年も探せば見つかったかも知れない。

最新の添削

その他の添削依頼

古雛や五段どころか何十段

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

運動会メジャーバンドの空高く

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

ピザ二枚届かぬままの花見かな

作者名 イサク 回答数 : 17

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『追い駆けた鳥の想いを訪へて千年も懸けば叶ひもこそ』 作者: 鳥詩
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ