俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梢まで纏われるかな蔦紅葉

作者 みちのく  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、こんにちは!
いつもお世話になっています。
今回はアパートのバルコニーから見える公園に関する俳句を詠みました。
未熟な点も多々あるかと思いますが、読んでいただけると嬉しいです。
仮名:こずえまで まつわれるかな つたもみじ

最新の添削

「梢まで纏われるかな蔦紅葉」の批評

回答者 イサク

こんばんは。お久しぶりです。

この句は、
上五中七が「梢まで纏われる」という受身の形になっています。こちらの主語は、名前のわからない木ですかね?
季語の「蔦落葉」は「纏われる」のではなく「纏う」方ですね。

この主語の入れ替わりの違和感が大きいと思います。
季語として「蔦落葉」を使うならば、「纏われる」という受身の言い方を混ぜて使うのは難しい気がしています。

・蔦落葉木々をあまねく纏ひけり

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春風や陽華の中を一歩づつ

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

ギャラリーへ誘ふ落葉のアプローチ

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

水郷の水面掠めて燕来る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梢まで纏われるかな蔦紅葉』 作者: みちのく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ