俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

異常気象秋のもみじを襲う影

作者 三好弾  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近頃の異常気象による紅葉の遅れについて表現しました。
初心者なので表現が直球すぎると思うので、良い表現があれば直していただきたいです。

最新の添削

「異常気象秋のもみじを襲う影」の批評

回答者 卓鐘

初めまして。俳句の世界へようこそ。

まず、俳句は捻らないといけないというものをなくすべきです。短い形式で詩を詠むことが必要ですが、そのための知恵が「説明をすることなしに、見えたものを読む」というのが初心者にお勧めする方法です。

その観点から行くと、2点問題があります。

「異常気象」
これは見えたものではなく、知識や説明ですね。何か光景を見て、異常気象だとは五感は捉えないはず。知識が、現象と異常気象というものを結びつけているのでそれは排除します。「異常気象」がニュースや新聞の見出しを今まさに見ているというなら成立しますが。

「襲う影」
こちらは抽象的すぎて、なんのことかわかりません。俳句は湾曲表現をするべき、俳句らしい表現をすべきという固定観念をなくしましょう。まずは見えたものを素直に読めば良いのです。こういう抽象的な表現に逃げないで。

また、「もみじ」といえば秋の季語なので、「秋の」は不要です。(色が変わらない紅葉を言うために、秋のとつけたのは理解しますが。)

なかなか、異常気象によって、色が変わらないなぁと言う理屈の感慨は詩に昇華するのは相当な技術が必要ですが、まずは見たままの感想を書いてみましょう。

紅葉とならぬもみぢや暮の秋
(紅葉と暮の秋の季重なりですが内容的にしょうがない「暮の秋」は秋の最後を意味する季語です。)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

篝火の爆ぜ烈しきや修羅の舞

作者名 西風子 回答数 : 1

投稿日時:

紫陽花や淵に映りて揺れやまず

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

鷹舞ひて日本となる山河かな

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『異常気象秋のもみじを襲う影』 作者: 三好弾
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ