俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木道の軋む音のみ戸隠の杜

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

戸隠の早朝。
湿地帯の森林公園を散策する。
霧に包まれ聞こえて来るの木道を歩む軋みの音のみである。

最新の添削

「木道の軋む音のみ戸隠の杜」の批評

回答者 こま爺

おはようございます

さっそくですが、言葉の無駄をギリギリまで排除するのは大切な作業と思います。何が無駄で何がそうでないかは判断が難しい場合もありますが、まずは、いわゆる「言わずもがな」を避けるのが一つです。「軋む音」の音は不要ではないでしょうか。「のみ」は説明ですね。

一応次のように。
”木道の軋みの微か戸隠の杜

なお、微かは静けさの中に聞こえるまさ「のみ」と言いたい音だよと言いたい形容詞ですが、ほかにもっといいのがあるかもしれません。

ご参考迄に。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

あらヨット舵をひだりに切る私

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

やはらかな肌チョコレートに冷房

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

姑の小言夜蜘蛛は囲を去りし

作者名 こもれび 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木道の軋む音のみ戸隠の杜』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ