俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

金木犀在りかは知らず香り酔い

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

どこからか香り漂う金木犀。
在りかはわからない。酔ってしまいそうだ。

最新の添削

「金木犀在りかは知らず香り酔い」の批評

回答者 なおじい

岸本義仁さん、こんにちは。
御句拝読しました。
金木犀は香りが強いので、どこから匂ってくるのかわからない時がありますよね。

しかし「香り酔い」という措辞はちょっと無理がありますね。
どこにあるかわからないということと、香りに酔いそうということは、切り離して別々の句にしてもいいように思いました。

・酔ひさうな香り漂ふ金木犀

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「金木犀在りかは知らず香り酔い」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

岸本さんこんにちは。
10日ぶりの投句ですね。
貴句読ませていただきました。
率直な感想になりますが
岸本さんは、句材の目のつけどころは良いと思います。
しかしそれを無理に俳句っぽくしょうとされているように感じます。本句について言えば
ご自身のコメントにあります

「どこからか香り漂う金木犀」

がそのまま整った句となっております。俳句は見たこと、感じたことを素直に平易に表現した方がいいのではと思います。
すみません。率直な感想です。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 17

投稿日時:

梅雨寒やパン温めて食卓へ

作者名 田中喜美子 回答数 : 3

投稿日時:

天空を一筆箋に星月夜

作者名 豆柴 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『金木犀在りかは知らず香り酔い』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ