俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手をさすり書を読みふける秋時雨

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋時雨で、肌寒い。
手をさすりながら書を読みふけっている私である。

最新の添削

「手をさすり書を読みふける秋時雨」の批評

回答者 なおじい

岸本義仁さん、こんにちは。
御句拝読しました。
気になる点が二つあります。
一つは、「秋時雨」という季語ですが、これは意味をとらえてお使いでしょうか。
書を読みふけるという内容から推測すると、なんだかずっと降り続く雨のようで、そのため外にも出られず…という感じですが、それなら「秋の雨」とか、「秋雨や」のほうが合うのではと思います。
時雨とは、降ったと思ったらすぐやむような雨のことです。

次に、「手をさすり書を読みふける」という上五中七ですが、コメントと同じですね。単にご自身の行動の報告になってしまっています。
そこから何を伝えたいのか、が必要と思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手をさすり書を読みふける秋時雨」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

動詞二つの誘惑に負けないように。動詞二つ連ねると、”何がなにしてどうかした”との説明になりやすいため、名句は少ないとか。
”指を書に時過ぐままや秋時雨”

よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初夏の揺るる広袖シースルー

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

洞の中巣は逆さかと思いつつ

作者名 やまの はるか 回答数 : 1

投稿日時:

いつぱいに注がれ新酒へ口運ぶ

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手をさすり書を読みふける秋時雨』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ