俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

入学後だまる教室見るスマホ

作者 俳句好きの青年  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高校入学後、周りは知らない人だらけで、沈黙が流れていました。その気まずさを避けるように皆がスマホをいじっていました。

最新の添削

「入学後だまる教室見るスマホ」の批評

回答者 なおじい

俳句好きの青年さん、こんにちは。
御句拝読しました。

入学が季語だと思いますが、ちょっと気になりましたのは、かなり長い期間を指しているような気がしたことです。

「入学」は、基本的に入学式当日とか前夜の期待と不安、喜びや子育ての感慨とかを表す季語だと思います。

しかし御句では、入学してからずっと、みたいな意味で使われているように読めます。

もしかしたら、入学式が終わった後のその日だけのことかもしれません。
もしそれであれば、そこをもう少し明確にした方がいいと思いました。

・入学式見知る子なくてスマホ見る

これだと入学式そのものでスマホいじっているみたいで、少し違うとは思いますが、とにかく、「高校に入ってからというもの、ずっと〜」というような句意だと、俳句としては輝きが薄れると思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

枯れ立つやまた年明けりゃ伸びし枝

作者名 ranran 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

侍に御山洗やサポーター

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

惜春や泡ひげ残るラテアート

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『入学後だまる教室見るスマホ』 作者: 俳句好きの青年
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ