俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

露けしや母の遺せしひらがな帳

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

亡母はほとんど文盲でした。
でも大学ノートに一生懸命に五十音を、毎日毎日書いて勉強しておりました。何冊も何冊も。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「露けしや母の遺せしひらがな帳」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます

コメントありがとうございます。バタバタしています。少し落ち着いて句作したいですね。
貴句思いが伝わりますね。お母様のお人柄も伝わります。
季語はつゆに思い入れがあるのでしょうか。なんとなく思いに耽るだと夜のイメージなのですが、夜の黒とノートの白の対比になりますし。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

右に花左に桃の遊歩道

作者名 みつかづ 回答数 : 6

投稿日時:

何故だろう悲しき事に冬の雨

作者名 堀籠美雪 回答数 : 7

投稿日時:

餌ねだり口開く鯉に落花かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『露けしや母の遺せしひらがな帳』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ