俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

在りし日の面影とゆく花野かな

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

投句しようかと迷っているうちまたお題が…😓、なおじいさんの句と似てるような…似てないような?
10年前に大親友が亡くなりました、
2人でよくあちこち散策しました…面影でもいいから一緒に散策したいです!在りし日、面影、ベタですね~😓、在りし日の友の誘ふも考えましたが…ホラー的かなと、
話は変わりますが、あれ程一生懸命だったM、Sさんを見かけなくなりましたね!コロナにかかったかのようなコメントが最後だったような?
お元気ならいいのですが…
端的、明確なコメント,でも情がない訳ではない…好きでした!
彼女に限って、ここでのトラブルは考えにくいですが…
私も最近、文字だけのやり取りの難しさを感じています、細心の注意を払っているつもりですが??の事があると…
生意気な事書いたかしら?嫌われているのかな~?とか考えてしまいます、声を聞いたり、顔を見て話せばニュアンスが伝わりますが…俳句と同じで、助詞一つで感じが変わりますし…ネットの難しいところですね~😥
PS:
高校野球の秋大がありまして、孫の高校が県大会で優勝しました✴次のステージへ行きます!
(といっても、孫は今回はベンチ入りしてませんが😅監督さんDHでもいいから使ってください💓)
余計な事、失礼しました<(_ _)>

最新の添削

「在りし日の面影とゆく花野かな」の批評

回答者 慈雨

おかえさき様、こんにちは。
拙句「液晶の…」の添削と提案句、ありがとうございました。
そうなのですね。繊細だからこそ感受性も強く、豊かな句が詠めるのかもしれないですね。
「液晶」を「インスタ」にしてしまうのもすごくわかりやすくていいですね!提案句もどちらも豊かに伝わってきて素敵です。ありがとうございました☆

お孫さんおめでとうございます!県大会優勝ということはかなりの強豪校かと思いますので、ベンチ入りも大変なことなのでしょうね。いつか試合に出られるといいですね。

御句、拝読しました。10年前に亡くなられたお友達と遊びに行かれるシーンを詠まれた句、温かい気持ちになりました。そんな友人関係を築いていきたいなぁと。
素敵な句をありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「在りし日の面影とゆく花野かな」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんわ

亡くなった方、不思議な関係の人と花野を行くっていうのはわりと類想ど真ん中な気はします。僕が詠んだ戦争とかも笑

ですが、まぁそれだけ季語の本意には迫っているということかもしれません。

「在りし日の面影」はさすがに抽象的すぎて歌謡曲の歌詞みたいかなと思います。

コメントの「大親友」にぐっとくるものがありました。

花野かな大親友の思ひでは

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「在りし日の面影とゆく花野かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
拙句より御句のほうがシンプルで光景が浮かびますよ!

ただ、ご懸念の「在りし日の面影」、これはベタというより、私には「頭痛が痛い」のような重複に思えます。小説だったら問題ないけど、一音を削りたい俳句としては、音数的にもったいないと思います。

・在りし日の友と遊ぶや大花野

これは決して不気味ではないと思いますし、

・親友の面影とゆく花野かな

要は、「在りし日の面影」を二つに分けて、「友だち」と入れたほうがいいのではと思いました。

あと、M武さんのことですが、彼女は今、休暇中だと思います。と言いますのは、彼女はこれまでも長期休暇をお取りになったことがあるからです。
例えば、2020年の10月末まではこまめに投稿なさっていましたが、その翌月から2022年の年末までお休みなさって、2023年の元旦からまた活発にご投句なさっています。
ですからまたお戻りになられますよ!

あと、お孫さんの学校、おめでとうございます!来春の選抜の候補ですか?楽しみですね!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「在りし日の面影とゆく花野かな」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

コメントありがとうございました!そうなんですよ、自分が歌謡曲みたいなことしてるんですよ。(苦笑い)

そして、そのことに自分で全く気づいてなかったという。季重なりも、そう感じたんだからいいじゃん♪と安易にやってしまった。

提案句も参考になります。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

旅を行く馬も水飲む天の川

作者名 回答数 : 4

投稿日時:

吾子とブランコ重なる足や秋高く

作者名 AG 回答数 : 4

投稿日時:

鳥居より伸ぶる一筋夏の雲

作者名 やす 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『在りし日の面影とゆく花野かな』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ