俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

禾すなはち登る歌垣子の刻で

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「禾すなはち登る」=「いねすなはちみのる」=「いねのみのったことよ」ぐらいの意味。
「歌垣」=うたがき=若い男女があつまり、呑んで食べて、、、
「子の刻」=深夜12時を挟んで前後二時間
・季語と近いと思います。一物句として。しかし、これに「詩」があるか。
練習として。よろしくお願いします。

最新の添削

禾すなはち登る歌垣子の刻で

回答者 維持自足

こんばんは。
この句にはリアリティが乏しいところ、難しそうなことばを使ってみたくて、想像で詠んだ感じがするところが気になります。総じて、若い男女が飲み食いするのはいいのですが、それが豊作への感謝のしるしであるという景として表現しきれていないように思えます。

稲架立てて隠す歌垣夜もすがら

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、維持自足さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「禾すなはち登る歌垣子の刻で」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

感じ様

いつもありがとうございます。
天の川の句にも想像を膨らませて頂きありがとうございます。
ですが、私としてはもっと純粋に
幼い初恋を思い読んだつもりで
会えるはずがないのに会えたみたいな感じです😉

御句、私にはとても難しいです。
季語も初めて知りましたし
「歌垣」という措辞も
いろいろチャレンジされて
高みを目指しているのですね🤔

また、よろしくお願い致します。

点数: 3

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「禾すなはち登る歌垣子の刻で」の批評

回答者 打浪泳人

句の評価:
★★★★★
★★

感じさん、よろしくお願いします。少し感想を述べます。<禾すなはち登る句集買ってみる> と <禾すなはち登る歌垣子の刻で>、わたしは前者の句に詩を感じます。後者の句は描写よりも説明に近い表現になっているような気がします。前者の句には「予感のニュアンス」があるのではないでしょうか。わたしの現在の理解では、俳句における詩性って、予感のようなものなのかなあと。日下野由季さんの句に<あらたなる風てのひらの空蝉に>という句があります。この句の感じが、俳句における詩性なのかなあと。それでは、また。(日下野由季さんは第42回俳人協会新人賞受賞者)

点数: 2

添削のお礼として、打浪泳人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水道の雫の音や夜は長し

作者名 感じ 回答数 : 2

投稿日時:

人工衛星みちびき野焼追う

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

梅酒の実一つかじれば頬赤し

作者名 綱子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『禾すなはち登る歌垣子の刻で』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ