俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

よべの乱閉じてうれしや泥鰌鍋

作者 打浪泳人  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

2023年7月8日の自作 <よべの乱閉じれば凪のどぜう鍋>を自己斧正してみました。よべの乱→昨夜のケンカ、あるいは悪天候のニュアンス。乱閉じて→卵綴じての語感を含ませる。季語の不動→ 卵綴じの料理が数ある中、仲間でつつく鍋料理が数ある中、入り乱れたものが調うニュアンスを出せるのは卵綴じの泥鰌鍋のみとして採用。句型→藤田湘子の型2を採用(中七語尾に切れ+季語体言止め)。みなさんの添削をお待ちいたします。(作者は作句歴一年未満)

最新の添削

「よべの乱閉じてうれしや泥鰌鍋」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。

単刀直入に申し上げます。よべの乱は理解が難しいですね。乱の如くと比喩を用いた句だと推察されますが分かり難いてす。

そもそも、感情を盛り込み過ぎではないかなと思います。色々あったが、大したことではなかった。あるのは泥鰌鍋、それで丸く収めようぐらいで良いのではないでしょうか。

”あれやこれもめ事収め泥鰌鍋”

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「よべの乱閉じてうれしや泥鰌鍋」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

意味はわかるし工夫もわかりましたが、喧嘩や悪天候を「よべの乱」では意図が見え隠れし大袈裟ではないかという点と、俳諧連歌的な言葉遊びの妙味が果たして子規以降の近代俳句にどれほど受け入れられるかという点が気になりました。後者は、和歌の時代からの妙味であり一概に否定するつもりはありませんが、自然にうまく取り入れたものは気になりませんが(むしろ良い)、意図的な工夫はかえって受け入れられにくいんじゃないかとは感じます。

口論と同じ顔ぶれどぜう鍋
くらいで良いのではないかと思う次第です。

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

境内のどの矢根も反り甘茶酌む

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

初柚子やオーブンからの香清し

作者名 潮風の台所 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

特急や南殿の丘に軋む音

作者名 ワイス 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『よべの乱閉じてうれしや泥鰌鍋』 作者: 打浪泳人
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ