俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ラジオからテロの速報日向ぼこ

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題の日向ぼっこで詠んでみました。

日向ぼっこをしていたらラジオからテロのニュースが流れてきたというシンプルな句です。

光景に対して感情を加えずただ淡々と詠んでみました。

御意見や添削をお待ちしております。

宜しくお願い致します。

最新の添削

「ラジオからテロの速報日向ぼこ」の批評

回答者 ハオニー

ラジオからテロの速報日向ぼこ
この句は、日向ぼこという穏やかな言葉とテロという危険な言葉の対比がぐさっときますね
日本ならではの感じがします
これが国境のある国だったら、対岸の火事とはいえない状況かもしれないでしょう

「ラジオからテロ」まででラジオのニュースが流れたことは分かるので、「速報」でいいのかな?とは考えました
「速報」という言葉だけが句の説明にないため、ここを悩んでいるのではないか?と

私なりにやってみました
ラジオからテロ憂国の日向ぼこ
少し、高齢者らしい雰囲気が強くなったような気がします

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

ラジオからテロの速報日向ぼこの批評

回答者 三日酔いの防人

腹胃壮様、こんにちは。日向ぼこという柔らかな温かみのある季語にテロという物々しいワードをぶつけてくるところはさすがですね。対比効果が出ていると共に、生を貪る、平和な生活のありがたさを実感する句です。テレビではなくラジオとしたことで、その人の生活環境が色々と想像できますね。
一つだけ私が引っ掛かったところは、中七の『テロの速報』です。ラジオでテロのニュースが流れる際は、ほとんど速報であるので、この四文字は他の言葉に置き換えることも出来るかもしれません。
中七を変えて作らせて頂きます。
ラジヲから故国のテロや日向ぼこ
失礼致しました。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ほんわかと甘くなる技苺のジャム

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

猫戻る春の温みを背にのせ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ちょんちょんと土手を行く筆いぬふぐり

作者名 杉田信女 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ラジオからテロの速報日向ぼこ』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ