俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天下秋を待つとも直ぐに来ず

作者 こうさん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりになっていると思いますが、夏休みの宿題としては大丈夫でしょうか。確認よろしくお願いいたします。

最新の添削

「炎天下秋を待つとも直ぐに来ず」の批評

回答者 なおじい

こうさんさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。夏休みの宿題とのこと、どの段階の何年生かわかりませんが、俳句の宿題ってうらやましいです。なぜなら、算数の宿題であれば1+1=2でなければダメで、「私は3と思います」とは通用しませんね。でも俳句は創意工夫が可能ですから、答えは無限です。大いに楽しんでください。

そうは言ってもルールはあります。季重なりは避けたほうがいいです。まして認識なさっているなら。「サッカーで手を使ってもいいでしょうか」と言われたら、キーパーはいいけど、それ以外は…ですね(笑)。

一般に、ある季節に他の季節のことを詠もうとすると季重なりになりやすいです。御句もそうです。
それよりも、暑いなら、早く涼しくならないかなぁと詠むよりも、暑い暑い、まだ、なほ暑いということを詠めば、読み手は、ああ、この人は秋になるのを待っているなと思ってくれると思いますよ。

いい句が出来ますように。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎天下秋を待つとも直ぐに来ず」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

再訪

秋を待つxxxxxxxxxxxx
Xxxxxxxxxxxx秋を待つ
のこり12音をなんか季節とは関係ない、日記的な感じて自分の体験を付け足すとそれなりな句にはなります。

例えば、
自転車のパンク修理や秋を待つ
とか。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天下秋を待つとも直ぐに来ず」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

こんにちは、はじめまして
俳句の宿題なんてあったりするんですね
うちはなかったので風流ですね

さて、本句ですが問題あるかないかでいうと問題はあると思います
季重なりが許容される場合もありますが、それはどちらかの季語が主役に立ってる場合などがあげられます
本句だとどちらも強くたっているので難しいかと、、、
宿題とのことで例句を上げるのはやめておきますが、どちらかを言い換えたり、「炎天」「秋」の両方に近い季語として「残暑」などを使ってみるとか、いろいろ頑張ってみてください!

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天下秋を待つとも直ぐに来ず」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

はじめまして
夏休みの宿題としては季重なりはやめた方がいいのでは?この句は、「秋」と「炎天下」の季重なりではなくて、「秋待つ」という晩夏の季語の季重なり。夏はまだ暑くてなかなかこない秋を待っているというのが、「秋待つ」という季語なので、十七音で、「秋待つ」という季語を説明しただけの句でもありまして。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の月鎌おくやうに黄変す

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

秋暮れて電話に集う部活の子

作者名 素一 回答数 : 4

投稿日時:

ごきぶりのまだ動きしが寝るとする

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天下秋を待つとも直ぐに来ず』 作者: こうさん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ