俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

酒屋前翁三人門涼み

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 コンビニ等無い時代、夕方、お爺さん達が、近所の酒屋の前で、木箱に座って、ちょっと飲んだりしゃべったりしてました。

最新の添削

「酒屋前翁三人門涼み」の批評

回答者 なおじい

中村あつこさん、こんにちは。
御句拝読しました。
ホント、昔はこういう光景、ありましたね!懐かしいです。

そんな懐かしさの中ですが、二点お伝えします。
まず、「酒屋前」の「前」ですが、せっかく、「建物の門の前で涼むこと」という「門涼み」という季語を置いていらっしゃるので、特に「前」と言わなくてもよろしいかと。

次に、「翁三人」ですが、その集まっていたのがよほど地位の高い方々とかであったのなら別ですが、酒屋の前で飲んでいるのですから、ごく普通の市井の老人でもいいのかと。また、「三人」という限定は、いま眼前にあるのであれば映像の具体性が増して効果的と思いますが、回想の中ですので特になくてもいいかと思いました。
そこで、

・近隣の老爺酒屋に門涼み
・土地の爺酒屋に集ふ門涼み

カップ酒などはなく、一升瓶や樽から注いでもらって飲んでましたね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蠟梅や庭の隅にも日を誘ひ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

良縁を結びてめぐる暑き春

作者名 教授の弟子 回答数 : 2

投稿日時:

ガウディの悲しき最期虎落笛

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『酒屋前翁三人門涼み』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ