俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

余生なほ夫との暮らし遠花火

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 先日、夫に腕を貸したのをきっかけに、
介護認定の申込みの検討を始めました。
出かけたのは、炎天の昼間でしたが、先々を考えるのは夜がいいかなと。

最新の添削

「余生なほ夫との暮らし遠花火」の批評

回答者 なおじい

中村あつこさん、こんにちは。
再訪です。
私は御句、本当にいいと思いましたよ。
私はお相手が年上だろうと年下だろうと、言うべきことは申し上げますから大丈夫ですよ。ていうか、年齢はわからないですけどね(笑)。

厳しいことも辛口のこともお伝えします。そして本当に感動した時も、その気持ちをお届けします。

今日も暑いらしいです。そんな中、いま、ある美術展に向かっています。水筒持ってます(笑)。
あつこさんも水分とってくださいね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「余生なほ夫との暮らし遠花火」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

あつこ様
おはようございます

実感が伝わって素晴らしいと思います。
余生と言っても自分だけのものではない。自分以外のもののことを常に考えなくてはいけない。
なほが凄く効いています。
凄く客観的、良い意味でクールな句だと思いました。
遠花火も最高に合ってます。

私事ですが母の認知症が進行していて、色々考えます。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「余生なほ夫との暮らし遠花火」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

中村あつこさん、こんにちは。
御句拝読しました。
こういう句は、新聞にも入選しますよ。
正直、夫(俳句では「つま」と言う)とのこれからの生涯賭けた暮らし、これは幾多の困難があるでしょう。それを「遠花火」と合わせるとは。ここで解説しませんけど、なんとまあ、すごいです。人間わざと思えないです。
これ、私は審査員でもなんでもないですが、かなりのところまで行くのでは。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒風に泥にまみれて蓮を掘る

作者名 水越宏子 回答数 : 3

投稿日時:

少年は角のみ好きや兜虫

作者名 感じ 回答数 : 0

投稿日時:

春愁や土砂降り雨の何洗う

作者名 水谷 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『余生なほ夫との暮らし遠花火』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ