俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

幼子の気合は空手夏休み

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 前句、投稿してから推敲しました。
こちらの語順がいいかな? 大差ないかな?

最新の添削

「幼子の気合は空手夏休み」の批評

回答者 こま爺

今日は。

もう一句との違いは何か。

この句は、空手から学ぶ気合いでもって、夏休みを、だらけずに乗り切ろうという決意が見えます。
もう一つの句はお子さんが空手をやっており、その気合いは夏休みを乗り切るにも、ちょうど良い。

語順の違いで何を強調すふか、いわば句のテーマにするか。勉強になりました。
ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雨雫添へてへ映ゆるゆに杜鵑花かな

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

五月闇多少の嘘は誰もつき

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

ストーブの蜃気楼かな雪煙

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『幼子の気合は空手夏休み』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ