俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏嵐夜半に吹かぬものかはと

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近明日何が起こるか、予想外のニュースばかり。
俳句で社会不安を詠むのはタブーですか、教えて下さい。後ろは親鸞尚人のお言葉のぱくりです。

最新の添削

「夏嵐夜半に吹かぬものかはと」の批評

回答者 もんこ

こま爺さん
いつもありがとうございます。
連日テレビやニュースを見ていると、自然災害への不安が募ります。

私は俳句の初心者なので、タブーな題材とか、あまりわかりません。
が、出身が福島ということもあり、東日本大震災の不安や苦しみ、憂いなどたくさんの俳句を見てきました。
社会不安の俳句、多いかもしれません。

こま爺さんの句
本当は添削道場なので、添削したり提案句を出したりするのでしょうが、力不足でなかなか出来ません。
すみません。努力します。

こま爺さんには勉強の仕方とか、いろいろな言葉を教えていただいてとても参考になります。
初心者のうちに基本やルールを知ることが大切なことだと思ってます。

これからも宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏嵐夜半に吹かぬものかはと」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

こま爺さんへ
こんばんは。
社会不安といっても、さまざまありますよね。政治不安、治安不安、気候による不安。
どれも人間が生活していくのに大事なことですよね。
それを俳句に詠んでも何も悪くないと思います。
私ごときの感想では、役不足でしょうが。
私も今日の投句で、九州の豪雨災害のお見舞いの意味を込めた句を投句しております。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

神帰月奥羽の山は錦なり

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

魔の山を置き去る赤城颪かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

豆まきと恵方巻食うどちら先

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏嵐夜半に吹かぬものかはと』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ