俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋風にゆられる森や静寂の中

作者 さくら  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ご指摘ありがとうございました。
この句では静かな森で秋風に揺られざわざわと動く木々を想像して詠みました。
初心者の身なのでどのような語を使えばよいか、どのような配置がいいなどありましたらご指摘お願いします。それを踏まえ新たな句を詠みたいです。

最新の添削

「秋風にゆられる森や静寂の中」の批評

回答者 なおじい

木の葉に火花さん、こんにちは。
先日は失礼しました。早速コメントを添えてお送りくださいまして有難うございました。
さて御句拝読しました。雰囲気のある句ですね。森の中というのは、木々のざわざわした音は聞こえてくるのですが、他には何も聞こえない静寂が広がっています。何か、取り残されたような、不安な気持ちになったりしますよね。

御句、「秋風にゆられる森や」と、中七で切れを入れていますが、切れは場面転換のような、一拍置く役目をします。ここではそのまま森の中のことが続きますので、切らないほうがいいですね。
そして「ゆられる」ですが、これは受け身の意味になります。秋風に揺らされているのは確かですが、「秋風にゆれる」でも意味は通じますし、詩情も出るのではと思います。

私は、

・秋風や静寂の中に揺れる森

としてみました。でも他の方々からもっと的確なアドバイスやいい提案句が出てくると思います。ご参考になさってください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

星冴ゆる背丸くして帰路独り

作者名 大猫 回答数 : 3

投稿日時:

君の声秋思の痛み遠くなり

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

鎌倉駅の朝風に先ず納涼

作者名 たーとるQ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋風にゆられる森や静寂の中』 作者: さくら
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ