俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梔子の白なお白き月夜かな

作者 やまの はるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友人が鉢で育てた花を見て。月光に照らされると より綺麗だろうな とイメージです
梔子だけでは季語にならない? 「花」がいる?

最新の添削

「梔子の白なお白き月夜かな」の批評

回答者 おかえさき

今晩は、わざわざありがとうございます。
玻璃戸(はりど) は硝子戸の事で、本当は大正ロマンのような雰囲気のある硝子の事ですが、俳句では硝子戸というより雰囲気があるのでよく使うかと…私もかつて句会で誰かが使ってからいつか使ってみたいと思っていました!
大丈夫ですよ!あんなに勉強熱心な佐渡さんもご存じなかったみたいですから…
一つずつ覚えていけばいいと思います、それと歳時記やネットで調べれば今の時代何でも分かりますよね!
私も苦手な文法をここの先輩方に教わりました。
偉そうな事を言って失礼しました<(_ _)>

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梔子の白なお白き月夜かな」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、初めまして(?)
くちなしの白は本当に綺麗な白でいい匂いですよね!
御句ですが、月光に照らされ尚白さが浮かび上がった景が見えていいと思います✴
ただ、月夜は秋の子季語なので季重なりになりますし、かなで詠嘆すると尚強調すると思います。
でも月は入れたいですよね~!
「くちなしの白なほ白き月明かり」
位だと、同じ季重なりでも許されるるかな~?(季重なりが全て悪い訳じゃなく、この場合くちなしが立ってればいい訳で…)
先輩方にお聞きしてみたいです。
くちなしだけでも通じると思います!
好きな星野立子の句で
「今朝咲きしくちなしのまた白きこと」
があります、よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「梔子の白なお白き月夜かな」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

再訪です!
読み直したら、月夜は秋の子季語なんて書いてしまって😵
月の子季語で、秋の季語になります!訂正です<(_ _)>
しかし、月は年中あるのに…月が付くと秋の季語になるのが多いんですよね~😓

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

進学だ最後の景色太陽の塔

作者名 岩本 大輝 回答数 : 2

投稿日時:

空の下今日は奏でてパリ想う

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

風薫る四辻道を通り行く

作者名 佐渡 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梔子の白なお白き月夜かな』 作者: やまの はるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ