俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶に問う君なら訪いを果たせるか

作者 式桜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句はワンショット・目の前の情景をスパっと切り取れ、というご指摘を複数の方からいただき、なるほどそういうものかと勉強になると同時に、自分は「対象喪失句」「物語句」とでも言うべきものにこだわりたい気持ちがあります。何か参考になる先人をご教示いただけると幸いですが、いやいや俳句はそういうものではありません、というご意見も甘んじて受けます。

最新の添削

「蝶に問う君なら訪いを果たせるか」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

まず「季語を使う」「十七音の短詩である」という俳句の特性が前提にあります。

「描写」「一瞬」「風景」などは、「そうすると俳句に詩を出しやすい」という先人たちの経験則からくる理論・技法です。
また、個人的な経験では「心情だけを詠んだ句」はひとりよがりになりやすいので、イバラの道だとは感じています。

物語的に詠まれた名句も多数あると思いますが、
 季語を使う必要はあるか?
 五七五の必要はあるか?
 そもそも俳句である必要は?
などの自問自答は必要であると思います。
(「必要なし」と判断したら、無季・自由律・短歌・詩・川柳など別ジャンルになりますね)

コメントの、目指されている「対象喪失句」「物語句」がわかりにくいので、ここではこれ以上コメントしにくいです。
「対象喪失句」「物語句」で目指す句が複数あるならば、その句を紹介していただければ何かコメントできるかもしれません。

もし、前例のない俳句を目指しているならば、誰かがアドバイスできるものではないような・・?

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

殿は日本の力士鬼やらひ

作者名 いなだはまち 回答数 : 11

投稿日時:

青くびの大根並ぶ畑かな

作者名 素一 回答数 : 4

投稿日時:

新涼や柿の葉無心に食むうさぎ

作者名 やん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶に問う君なら訪いを果たせるか』 作者: 式桜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ