俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桜散る賽銭箱の音の散る

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

神社の桜を見に行きました。花は散り初めており平日でもあって人もまばら。それを賽銭箱に投じる硬貨の音になぞらえました。

最新の添削

「桜散る賽銭箱の音の散る」の批評

回答者 佐渡

こま爺さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
紋白蝶のコメントありがとうございます。
いつもご指導ありがとうございます。
御句
「音が散る」よい表現だと思います。
勉強させていただきました。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「桜散る賽銭箱の音の散る」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
「入学」の句のコメントおよび添削、ありがとうございます。
ご指摘の通り「一歩」は不要かもしれませんね。自分ではなかなか気がつきません。それから、季語と近い印象もあります。

あなたの様の句。
季語の「桜」は散ってしまっても、「桜」の景がなりたちましょうか。
しかし、「散る」の韻を踏んでいるので外せませんね。

提案句となりますが、
・花過ぎて賽銭箱の音の散る
・花過ぎて賽銭箱のカネの音
と詠みました。

宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

たらちねの母に無心の桜桃忌

作者名 白南風 回答数 : 3

投稿日時:

液晶の憂い小さし秋の空

作者名 慈雨 回答数 : 4

投稿日時:

水揺れて小川を蛇の渡りけり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桜散る賽銭箱の音の散る』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ