俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

海跨ぐ侍たちや山笑う

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

勝ちました。

最新の添削

「海跨ぐ侍たちや山笑う」の批評

回答者 森本可南

こま爺様。ありがとうございます。
私は、負けません。
必ず、生きてもどってきます。
たぶん、この感情が、イサクさんに、向かったのでしょう。
イサクさん。ごめんなさいm(_ _;)m

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

海跨ぐ侍たちや山笑う

回答者 ayappon

句の評価:
★★★★★

先日は、添削ありがとうございました。
こちらの句は、侍ジャパンが勝って渡米する喜びの様子がよくわかります。
山と海からも対照的で良いと思いました。

ただ何年かしてこの句を読み直した時、侍がわかるかなとふと思いました。?
今は侍は、侍ジャパンと浸透しているから大丈夫ですね。失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、ayapponさんの俳句の感想を書いてください >>

海跨ぐ侍たちや山笑う

回答者 ayappon

句の評価:
★★★★★

先日は、添削ありがとうございました。
こちらの句は、侍ジャパンが勝って渡米する喜びの様子がよくわかります。
山と海からも対照的で良いと思いました。

ただ何年かしてこの句を読み直した時、侍がわかるかなとふと思いました。?
今は侍は、侍ジャパンと浸透しているから大丈夫ですね。失礼しました。

点数: 0

添削のお礼として、ayapponさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熱風に乗る紙切れや籤の影

作者名 胡 秋興 回答数 : 0

投稿日時:

風鈴を鳴らさぬやうに吊しけり

作者名 腹井壮 回答数 : 12

投稿日時:

疲れ果て沁むばかりの藍浴衣

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『海跨ぐ侍たちや山笑う』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ