俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花の便り一献傾け思う時

作者 啓平  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先日、仕事仲間(友達)と久々に食事をした際に、酒を酌み交わしながら、色々な話をしました。色々な話を聞き、酒をすっと飲んだときに、ふと、昔出会った人とのことを思い出し、感慨深くなり(恋愛感情等)、それを表現したく書いてみました。初めての俳句です。
気になるには 「一献傾け」より、感慨深さを表現出来ないかってことと、思う時がアバウト過ぎないか、です。 よろしくお願い至します。

最新の添削

「花の便り一献傾け思う時」の批評

回答者 森本可南

こんばんは。啓平さん。

御句拝読。
御句から、昔の想い人のことは、想像できません。

花灯り一献傾け君想ふ

こんな感じは、どうでしょうか?
また、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

読む月に聴き入る月に見る月に

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

秋桜の揺れ動くさま風模様

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

あしたより桃の匂ひの仏間かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花の便り一献傾け思う時』 作者: 啓平
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ