俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕膳に木の芽の薫る潮汁

作者 やまの はるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

手のひらでパチンと叩いて薫りを出し お椀に浮かべます

最新の添削

掌に木の芽を叩き潮汁

回答者 伊勢史朗

どうもおはようございます。山の物と海の物の取り合わせはとても良いと思います。もう少し描写が欲しいと思い自解から添削してみました。
今日も一日御健吟に。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、伊勢史朗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕膳に木の芽の薫る潮汁」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

水谷さん。こんにちは。
御句拝読。
潮汁というとどうしてもアサリとか、海鮮の香りになってしまいます。
木の芽はズバリ潮汁でしょうと丸尾くんのように、いかないです。
もっと木の芽を生かした句、水谷さんなら、できると思います。

感想だけで、すみません。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕膳に木の芽の薫る潮汁」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

再訪です。
どうしても、木の芽より、潮汁が、強くなってしまうので

夕膳に木の芽の薫るお吸い物

で、どうでしょうか?

提案句です。失礼いたしました。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の山天地も人も生きてこそ

作者名 よした 山月 回答数 : 2

投稿日時:

白葱の葉つぱ顔出すレジ袋

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

山茶花の垣をめぐらす古刹かな

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕膳に木の芽の薫る潮汁』 作者: やまの はるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ