俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あとわずか手の平透かす干大根

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

■再投句です。確認不足ですみません!!
手掌を手の平へ
地元の「干し大根」は薄く丸く切って干します。
大根なのに「干しかぶ」と言います。
とても薄いので手の平を透かすかのようです。
身欠きにしんと煮るとすごく美味しい!!
そんな干しかぶも残りあと僅かになってしまいました。
「干しかぶ」の言い方は地元特有なので、季語にもある「干大根」を選びました。

最新の添削

「あとわずか手の平透かす干大根」の批評

回答者 かぬまっこ

こんばんは😃🌃
はじめまして かぬまっこと申します。

「ほしかぶ」という季語あります
よ。初冬の季語です。

こんなのはどうでしょうか❔

ほしかぶの手のひら透かす薄さかな

添削というより創作ですね。(*^^*)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

指一本さしてたしかむ水の春

作者名 モンガラ 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

幾星霜あの子を待てども誘蛾灯

作者名 秋葉基央人 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

すれ違ふ母との会話冬すみれ

作者名 おかえさき 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あとわずか手の平透かす干大根』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ