俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

古民家にお歳を召さぬ雛二体

作者 素風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

以前の「古民家に気になる痛み夜桜に」は間違った投稿でした。
申し訳ありません。正式にはこちらになります。

最新の添削

「古民家にお歳を召さぬ雛二体」の批評

回答者 森本可南

こんにちは。素風さん。
御句拝読。
いつまでもラブラブな、お雛様だなあと。
変わらないから、若いから、なのかなあ?
なんか、うらやましくなりました。
古民家というところに、お雛様の歴史があって、風情を感じます。

古民家に熟年雛は寄り添うて

添削では、ありません。提案でもない、我儘な句です。すみません。熟年雛なんて、言葉はないですから、俳句にもなってないかと。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「古民家にお歳を召さぬ雛二体」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんばんは
発想がいいですね。
雛二体は冷たい感じがします。

古民家のお内裏さまは歳召さぬ
古民家のお内裏さまのうら若し
古民家の男雛女雛のうら若し

個人的には3番目が好きです。

点数: 0

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かざはなやひざにこぶたのあつぷりけ

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

朧なりタコウィンナーのある弁当

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

肋木を下校チヤイムや秋時雨

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『古民家にお歳を召さぬ雛二体』 作者: 素風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ